ものまねタレントの栗田貫一さん

ものまねタレントの栗田貫一さん

栗田貫一さんは、お笑いタレントであり、声優さんです。ものまね芸を得意としていて、約70以上のレパートリーがあるみたいです。その中でも、「もしも○○が△△だったら」による一発芸を数回行うシリーズネタが、素人時代から行ってきた芸であり、自身はこのネタで四天王になれたと述べているそうです。そして、山田康雄さんが声を務めていたルパン三世の声色で、自宅の留守番電話を吹き込んだところ、そのルパン役の山田さん自身が電話をしてきて、本物のルパンの声で用件を吹き込んでいたことから親交が生まれたといわれています。そして、山田さんが急逝した1995年のGWに公開された、劇場映画第五作『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』から、栗田貫一さんはルパン三世の声優を担当しているのです。そして、現在、毎年製作されているルパン三世のTVスペシャルのアフレコに際しては、1週間前からその他のスケジュールを一切キャンセルし、山田時代の『ルパン三世』各作品を見続けてイマジネーションを高めてからアフレコに臨むそうです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

1 Response to ものまねタレントの栗田貫一さん

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です