女優の秋吉久美子さん

女優の秋吉久美子さんは、静岡県で生まれ、父親の赴任先の徳島県を経て、福島県いわき市で青春時代を過ごした。高校時代に2歳下の妹とラジオの深夜番組を聴きながら勉強していると、松竹映画「旅の重さ」のヒロイン役を募集していると、耳にし、妹の「お姉ちゃん、受けてみれば?」に「受けてみようかな」と応募したのが芸能界に入るキッカケだったようです。主役の座はつかめなかったが、映画初出演が決まり、他人から見て地味なことでも、自分がわくわくするものにひかれたそうです。いつも肩の力を抜いているように感じる秋吉久美子さんは、28年前に出演したテレビドラマで、モデルとなった往年の名女優の人生をたどるうちに、「虚像も実像も含めてその人に過ぎない。そんなにたいしたことでもないのかな」という境地に達したそうです。芸能活動が40年となる現在も、真摯に役と向き合う秋吉久美子さんですが、「転機となった作品はないけど、人生を語る上では、女優になったことそのものが転機かな」と言い切っていました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です